マカの効能を徹底解説

冷え性にはマカが効く!天然由来成分で冷え性を改善しましょう

冷え性を改善したいならマカを頼る

マカには冷え性を改善する作用があります。
冷え性の原因は手先や足先などの血管が収縮です。
冷え性を改善するには、血管を拡張させる必要があります。
マカが冷え性の改善に関わる成分は次の通りです。

  • 自律神経に働きかけるビタミンE
  • 血管を拡張させるアルギニン
  • 【女性】更年期障害が原因の冷え性を改善する「ベンジルグルコシノレート」

これらの成分の効果の詳細を説明していきます。

自律神経に働きかけるビタミンE

冷え性の原因には自律神経の乱れがありますが、マカのビタミンEは自律神経を調整する効果があります。
自律神経は、交感神経と副交感神経の2つから成り立っていますね。
この2つはバランスを維持する必要があり、交感神経が極端に優位な状態にあると、血管が収縮して全身の血のめぐりが悪くなってしまいます。

ビタミンEには自律神経を調整する効果があるため、交感神経と副交感神経のバランスを維持して、血管を調節し、血流を増やす働きをします。
全身の血行を促進することで、手足の冷えを改善できるのです。
このように、マカのビタミンEには、冷え性の改善効果があることが分かりましたね。

血管を拡張させるアルギニン

マカに含まれるアルギニンは、体内で「一酸化窒素」と呼ばれる物質を作り出します。
この一酸化窒素は、血管の細胞に働きかけて血管を拡張できるのです。
血管を拡張することで、冷え性の原因となる血管の収縮を改善していきます。
冷え性で悩んだら、マカのアルギニンを頼りましょう。

【女性】更年期障害が原因の冷え性を改善する「ベンジルグルコシノレート」

マカに含まれる「ベンジルグルコシノレート」は、更年期障害の緩和に効果的です。
更年期障害の症状の1つに冷え性があり、この成分は更年期障害を緩和することで冷え性を改善します。

ベンジルグルコシノレートは、国内で実施した実験から、更年期障害を改善することが判明しています。

この実験の被験者は40歳から58歳の女性41名で、ベンジルグルコシノレートを含むマカエキス末を8週間投与した結果、血液中の女性ホルモン濃度の上昇と更年期障害の症状緩和が報告されています。
更年期障害の原因は、女性ホルモンの欠乏であるため、ベンジルグルコシノレートが女性ホルモンの濃度を上昇させ、更年期障害の改善に関与した可能性があります。

このように、ベンジルグルコシノレートは更年期障害を緩和できるため、更年期障害が原因の冷え性を改善することができるのです。

まとめ

マカには冷え性を改善する成分が3つありました。
そのうち1つは女性の更年期障害が原因の冷え性を改善するものでしたね。
マカならば、血管や自律神経に働きかけて、冷え性を改善していくことができるのです。

page top