マカの効能を徹底解説

マカには体力強化効果あり!体内のエネルギー産出を補助します

体力を強化するためには

マカには体力強化をサポートする成分がありますが、まずは体力強化のメカニズムから説明していきます。

体力の素となるエネルギーは、炭水化物と脂肪から作られています。

  • 炭水化物→ブドウ糖(エネルギー)
  • 脂肪→脂肪酸(エネルギー)

このように、炭水化物や脂肪は体の中で変換されることで、エネルギーとして使える状態にしておくのです。
炭水化物のブドウ糖から作られるエネルギーと、脂肪の脂肪酸から作られるエネルギーには違いがあります。

ブドウ糖は炭水化物を摂取後、すぐに利用できる大きなエネルギーを作ります。
その代わりに、ブドウ糖のエネルギーは長続きしません。
それに対して、脂肪酸から作られるエネルギーは、消化吸収がゆっくりであるため、少しずつ長時間にわたって脂肪酸のエネルギーを利用していきます。

マカのビタミンB群が、このエネルギーの産出に対して、働きかけることで体力を増強させていきます。

マカで体力を増強

マカには体力を強化させるために必要な成分が存在します。

  • ブドウ糖
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2

マカの糖質はブドウ糖が中心であるため、エネルギー補給という面で働きをみせます。

加えてマカのビタミンB1とB2が、エネルギー産出にとって重要です。
この2つのビタミンについて詳しく説明していきましょう。

ビタミンB1

ビタミンB1は体力の素となるブドウ糖の代謝を促進します。
わたしたちの体内にはブドウ糖の代謝を支える酵素があり、このビタミンB1の役割はこの酵素たちを活性化させることです。
このようにして、ビタミンB1はエネルギーの産出に関わっています。

ビタミンB2

ビタミンB2は体内で吸収されると、糖質、たんぱく質、脂質の代謝とエネルギー産出に関わる酵素をサポートします。
このビタミンB2は、ビタミンB1では代謝を促進できないたんぱく質の代謝や、エネルギー源になる脂肪酸の代謝もカバー可能です。
このようにして、ビタミンB1同様に、ビタミンB2もエネルギー産出に関わっていることがわかりますね。

まとめ

体力を強化させるためには、エネルギーを作り出す機能を高めなくてはいけません。
マカのビタミンB1やビタミンB2は、エネルギー源となるブドウ糖や脂肪酸の代謝に関与しています。
ブドウ糖や脂肪酸の代謝を促進させることで、体力の素となるエネルギーを作り出す機能を補助して、体力を強化させることができるのです。

page top