マカの効能を徹底解説

マカに疲労回復効果!疲労に抗う3つの成分をご紹介!

マカの成分による疲労回復効果

疲労回復効果が期待できるマカの成分は次の通りです。

  • 疲労の原因物質を解消するアルギニン
  • リラックス状態を促すビタミンE
  • ストレス耐性を改善するビタミンC

この3つの成分について解説していきます。

疲労の原因物質を解消するアルギニン

マカに含まれるアルギニンは、肝臓内で有害なアンモニアを解毒する作用に関わっています。
疲労の原因の1つに肝臓の機能低下があります。
その機能低下に関与している物質がアンモニアです。
肝臓の機能が正常な時は、アンモニアがきちんと処理されるのですが、肝臓のキャパシティを超えるアンモニアの量は、肝臓の機能を低下させてしまいます。

この機能低下は肝臓疲労と呼ばれ、肝臓とリンクしているほかの器官にも疲労が伝わり、全身の疲労感の原因となります。
アルギニンは肝臓内でアンモニアの解毒作用に働きかけて、肝臓の機能を正常に保つため、疲労を回復することができるのです。

リラックス状態を促すビタミンE

マカに含まれるビタミンEは、自律神経を調整して、交感神経と副交感神経のバランスを調整します。
睡眠時に副交感神経が活発になり、全身にリラックスさせるように働きかけることで、細胞や組織の修復や回復を行い、疲労感を和らげていきます。

疲労を回復するためにも、就寝前にはマカを摂取しましょう。

ストレス耐性を改善するビタミンC

ストレス耐性を強化することで、自律神経の乱れが原因の疲労を抑えます。

ビタミンCはストレス耐性を改善する効果が期待されています。
お茶の水女子大学での研究では、モルモットを一定時間拘束し、ビタミンCを投与してストレス負荷の影響を検討した結果、ストレスへの耐性が確認されています。

ストレスが体内の細胞の酸化を促進させますが、ビタミンCの抗酸化作用はその酸化を抑える作用があります。
マカのビタミンCの作用は、このような疲労の大元の原因となるストレスに対して働きかけ、耐性を強化させ、疲労の回復と予防を可能にするのです。

まとめ

疲労回復効果が期待できるマカの成分は次の通りでした。

  • 疲労の原因物質を解消するアルギニン
  • リラックス状態を促すビタミンE
  • ストレス耐性を改善するビタミンC

このように、マカの成分は私たちの体に蓄積する疲労を回復、予防することが可能です。
疲労回復のためには、まずマカを試しましょう。

page top