マカの効能を徹底解説

マカに血行促進効果あり!血行でお困りのあなたを救います

マカの血行促進効果

マカに含まれる2つの成分が血行を促進します。

  • ビタミンE
  • 「アルギニン」

マカに含まれるこれらの成分の摂取には、血行促進効果が期待されています。
1つずつ説明していきましょう。

ビタミンEが血行を促進するしくみ

ビタミンEには自律神経を調整して全身の血管を拡張する働きがあります。
自律神経は、全身の臓器や血管などをコントロールしています。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、副交感神経が優位になると、血管が拡張します。
血管が拡張すると、血管を流れる血液の量が増えますね。
ビタミンEは自律神経の血管が拡張する働きを促進することで、血行を改善するわけです。

「アルギニン」が血行を促進するしくみ

マカに含まれる「アルギニン」は、体内で血管の細胞の働きを強めることで、血行を促進します。
アルギニンは体内で「一酸化窒素」と呼ばれる物質を生み出します。
この一酸化窒素は、血管の内側にある細胞に働きかけることで、血管を拡張する作用があります。

ビタミンE同様、アルギニンも血管が拡張させることで、血液を増やすことがわかりましたね。
実際に、西南女学院大学の研究によると、アルギニンを長期間摂取すると、血管の調節機能に改善の傾向がみられることが報告されています。
アルギニンが血管の細胞を強めることで、血管拡張の効果が得られるわけですね。

血行促進効果の重要性

マカにはビタミンEやアルギニンといった成分で、血行を促進する効果がありますが、血行を促進することにどんな意味があるのでしょうか。
血液の役割は、血管を通って全身をめぐり、細胞に栄養や酸素を運び、同時に細胞から二酸化炭素や老廃物を回収することです。
血液は筋肉や臓器の栄養や酸素、二酸化炭素の管理をしているわけですね。

血行が悪いと、細胞が血液から受け取る栄養や酸素が少なくなり、全身の臓器の機能が低下してしまいます。
臓器の機能低下を防ぐ意味でも、血行促進を意識的に改善していくことは、健康の維持にとって重要なのです。

まとめ

マカの成分が、血行を促進する効果があることがわかりましたね。
自律神経や血管の細胞に働きかけることで血行を促進して、血流を改善することで全身の期間や細胞の働きを強めているのです。
血行が心配になったら、マカを試してみましょう。

page top