マカの効能を徹底解説

マカの美肌効果を徹底解説!なぜマカで美肌になれるのか

美肌効果を発揮するマカの成分

マカの成分のうち、美肌効果がある成分は次の通りです。

  • 肌の材料を作る働きを促すビタミンB6
  • 肌の弾力性を高めるビタミンC
  • 抗酸化作用を持つビタミンE
  • 肌のターンオーバーを促進するアルギニン

今回はこの4つをご紹介します。

肌の材料を作る働きを促すビタミンB6

マカにも含まれているビタミンB6は、たんぱく質に含まれているアミノ酸の代謝を促す役割を持っています。
アミノ酸は、肌の保湿に重要な役割を持っています。

肌の角質層にはうるおいを維持する成分が含まれており、乾燥や刺激のダメージから肌を守ります。
このうるおい成分の50%以上が、アミノ酸などから作られているのです。
ビタミンB6はアミノ酸の分解や合成を行い、うるおい成分生成を助けます。
このように、ビタミンB6は肌のうるおいを保つことで、美肌を保ちます。

肌の弾力性を高めるビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成に必須です。
コラーゲンには肌の弾力を維持する作用があります。

肌の弾力のしくみは細胞にあり、肌の細胞は指圧などに対して跳ね返るように、肌をきちんと支えなければいけません。

コラーゲンの役割は細胞と細胞の間に繊維状に広がり、細胞同士を支えることです。
このように、肌の弾力性を高めるにはコラーゲンが必要であり、コラーゲンを生成するにはビタミンCが必要なのです。
マカにはビタミンCが含まれているため、弾力のある若々しい肌を可能にします。

抗酸化作用を持つビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用と呼ばれる働きがあります。
抗酸化作用は「活性酸素」と呼ばれる物質を排除する働きがあります。
私たちの生命活動には酸素が必要ですが、酸素を利用すると同時にこの活性酸素が発生します。

この活性酸素は肌の細胞を傷つけ、シワやシミの原因となるため、肌の老化が進んでしまうのです。
体内で増えてしまった活性酸素を除去するためには、抗酸化作用が必要です。

マカには抗酸化作用のあるビタミンEが含まれているため、ほかの成分と相乗効果で美肌が期待できますね。

肌のターンオーバーを促進するアルギニン

アルギニンは成長ホルモン分泌を促進させる働きがあります。
このアルギニンには、成長ホルモンの分泌を抑えている「成長ホルモン抑制ホルモン」の働きを弱めることができるためです。
成長ホルモンは、睡眠中に肌の新陳代謝を高めて、肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。

肌のターンオーバーが乱れると、肌の角質が溜まってしまい、肌のトラブルが相次いでしまいます。
ターンオーバーを改善するためにも、成長ホルモンが必要なのです。
マカに含まれるアルギニンは成長ホルモンの分泌を促すことで、美肌を維持できます。

まとめ

マカの成分のうち、美肌効果がある成分には以下のようなものがありましたね。

  • 肌のうるおいを維持するビタミンB6
  • 肌の弾力性を高めるビタミンC
  • 抗酸化作用を持つビタミンE
  • 肌のターンオーバーを促進するアルギニン

マカには美肌を維持する成分が4つも含まれているので、肌にお悩みを抱える方はぜひマカを試してみましょう。

page top